お肌の美容を保つためにしたいこと

洗顔して美容の基礎を作りましょう

まずお肌の美容を保つために必要なことは、洗顔を見直すことです。どんなに高級な化粧水を使っても、まず洗顔がきちんと出来ていないと汚れが角質が妨げとなってしまいます。洗顔をすることで余計な埃や角質を取り除くことで化粧水などの浸透をよくすることができます。また、皮脂汚れは水洗いでは落とすことが出来ないので、きちんと洗顔料を使って洗うことが大事です。

洗顔料にはいくつも種類があるので、自分の肌にあったものを選んでください。

洗顔後は保湿をしっかりすることが大事です

洗顔して汚れや角質をとって土台を作ったあとは、きっちり保湿することが大切です。

健康な肌の場合、肌の角質には20から30パーセントの水分が含まれています。これが15パーセント程度になると乾燥しています。十分に水分が含まれていることにより肌が柔らかくなり、肌のバリア機能や保持能力が高まります。そのため保湿することはとても大切なのです。

化粧水をつけるときは高いから、とけちって使うのではなく、たくさんの化粧水できちんと保湿して下さい。最後にクリームでふたをすることも忘れないで下さい。

紫外線は美容の大敵なので対策をして下さい

紫外線はターンオーバーを妨げてしまいます。ターンオーバーが妨げられることで、いらない角質が肌に残ります。逆にターンオーバーが早まりすぎてお肌のキメが荒くなってしまうこともあります。そのためお肌の美容を保ちたければ紫外線対策をきちんとして下さい。紫外線は夏だけでなく通年あります。一番強いのは実は春だということも知っておくべきです。

ちなみに太陽の光を浴びないと栄養素が足りないのではと思うかもしれませんが、手のひらに10分浴びる程度で大丈夫です。

品川美容外科の判例について調べる