汗をかくと臭う「ワキ汗」の防ぎ方

ワキ汗を防ぐ方法とは

ワキの下には汗腺が多く、汗の量が多くなってしまいがちなところです。大量に汗をかくと洋服にもにじみますから、なんらかの対策が必要です。また、汗をかくと独特の臭いがしますが、汗自体に臭いはありません。洋服ににじんだ汗の部分に、微生物が繁殖することによって臭うようになります。なので、洋服に汗がにじまないようにする工夫と、汗がついたらすぐに洗濯することでしょう。外出先での洗濯は難しいので、汗が洋服につかないようにしてください。

汗じみ対策グッズを利用

ワキ汗に悩む人のために、数々の汗じみ対策グッズが販売されています。最もダイレクトな方法は、ワキの下に汗を吸収するフィルムを貼ることです。透明の薄いフィルムなので、貼っていることはわからず、半袖を着ていても大丈夫です。臭いをおさえる働きもあるので、臭いが気になる場合もよいでしょう。ただ、肌の弱い人や、ワキの下に貼る違和感が気になるという人は、洋服の方に「ワキ汗予防パッド」を付けるという方法があります。

洋服の汗じみ予防対策

洋服に汗じみをつけない方法ですが、ワキ汗予防パッドは、手軽に洋服に付けることができます。また、下着に取り付けることのできるタイプのものもあります。洋服を着替えるたびに付けるのは面倒という人は、下着に取り付けるものの方が便利かもしれません。パッド部分に防臭成分が含まれており、汗の臭いを防ぐこともできます。制汗スプレーなどは、何度も使っていると肌によくありませんから、美容を考えたときにはワキ汗予防パッドのようなものがよいでしょう。

品川美容外科の提訴について調べる