身体と気持ちから美容を捉える

美容のタイミングは生理周期にある

女性の美容は生理周期によって様々に変化し、例えば、生理前期は肌も守りモードに突入します。肌は乾燥しやすく、皮脂が過剰に分泌されてニキビや吹き出物ができやすい時期です。水分の代謝も悪くなるため、くすみ肌やクマも目立ちやすくなるので、ケアとしてタオルでの温冷パックを試みるのも血流が促されて血色のよい肌へ導ける1つの手段です。また黄体ホルモンの影響から糖分を欲しやすくなり、食べ過ぎることで黄ぐすみや肌荒れの原因に繋がってしまうため、糖質制限はダイエットの成果にも直結する利点が挙げられています。

攻めのスキンケアができる

逆に卵胞期は、キレイ度がアップするタイミングです。卵胞ホルモンの分泌量も盛んになり、肌の水分量も増えてみずみずしい明るい素肌を作り出すことが可能です。またボディラインにも美容の変化が現れやすく、老廃物を排出するために開いていた骨盤が締まり、姿勢やスタイルアップが図れます。また積極的なスキンケアにも励むことができるのも卵胞期の特徴で、顔そり、ピーリング、スクラブ洗顔などの攻めとなるケアも肌機能が向上する時期だからこそ可能で、古い角質をオフしてくすみレスの素肌を作り出すことがケアでは重要です。

キレイのタイミングを図る

さらに排卵期は、キレイのピークを迎えるタイミングです。女性らしさや美しさに磨きがかかり、美容を最も意識できる周期です。身体も気持ちもアクティブになっているため、オン・オフどちらの環境も充実しやすい特徴が挙げられています。また痩せやすい時期でもあり、ダイエットを始めるタイミングに最適で、摂取カロリー制限と運動を組み合わせて長いスパンで少しずつシェイプアップを試みるのもリバウンドや増量を防ぐポイントですし、気分がハイになるため、夜は身体をお休みモードに導くことも必要な内容です。

品川美容外科の2chまとめサイト